生活保護は受けれるの?どうなる?

MENU

自己破産したら生活保護は受けられない?

自己破産をした後の生活は決して楽ではありません。生活保護を検討する方もいるようですが、自己破産後の生活保護は受けることができるのでしょうか。生活保護と自己破産の関係についてご説明したいと思います。

 

自己破産後の生活保護は受けられるの?

自己破産をしたからといってもそれが人生の終わりではありません。再度人生を始めるチャンスはありますので、早めに借金解決をすることが大切です。
自己破産をした後の生活保護ですが、保護の申請をすることは可能です。自己破産をすると自分のそれまでの財産が没収されるなど、かなりその後の生活が苦しくなることが想定されますよね。
自己破産をしても生活保護を受給できる可能性はありますので、もし生活苦で辛いときにはまず管轄の福祉事務所で相談をしてみましょう。自己破産をしても、借金のすべてが免責にならないこともあります。借金がある人には生活保護が許可されない場合もありますので、このような複雑なケースの場合は弁護士に相談をしてみるとよいでしょう。自己破産の手続きを依頼すると同時に、その後の生活についても相談してくださいね。
生活保護の受給など、少しでも快適な生活が出来るようアドバイスをしてもらいましょう。弁護士の相談は無料窓口がありますので、気軽に問い合わせが出来ますので参考にしてくださいね。

 

生活保護受給中の自己破産について

生活保護を受給している方の中には、生活費を借金している人も決して少なくはありません。生活保護は生活に最低必要減の額が支給されますので、決して余裕のある生活をすることはできません。生活保護受給中の方も自己破産をすることは可能です。
しかし生活保護受給中では、弁護士費用も支払う余裕はありませんよね。そのような生活保護受給者の方も、もちろん弁護士に依頼することができます。無料相談窓口は沢山ありますので、はじめは気軽に相談してみましょう。生活保護受給者であることを継げ、弁護士費用がいくらになるのか、なかには免除になる法律事務所もあるようですので確認してくださいね。
または生活保護の受給を辞めた後に分割で弁護士費用を支払うことも可能ですので、それぞれの事務所に相談してみましょう。借金問題を抱えている人にはそれぞれ異なる状況があります。その人にあった解決方法で、一日でも早く借金問題を解決するには法律の専門家に相談をしましょう。比較サイトや無料電話相談などを利用してまずは誰かに相談することが解決へ向けたはじめのステップです。