自己破産相談 デメリットとリスク

MENU

自己破産するとどんなデメリットとリスクがあるの?

自己破産をすれば自分の債務が免除される点はとても魅力です。しかしその点だけを意識して手続きをしてしまうと、その後の生活には色々なデメリットやリスクがでてきます。自己破産をするとどのようなデメリットがあるのでしょうか。

 

自己破産のデメリットとは

 

精神的にも負担になる多額の借金が自己破産をして精算されるのはとてもありがたい事ですが、デメリットとリスクがあることを覚えておかないといけません。まず自己破産の最大のデメリットは自分の財産を失ってしまうことです。残りの借金を精算するため、持っている財産はほとんどが差し押さえられてしまいます。例えば自分のマイホームや土地などの不動産、もし家のローンが残っている場合は家を手放すと同時にローンも返済義務はなくなります。しかし今まで毎月支払っていた家のローンは完全に無駄になってしまいますよね。また現金は99万円以上、預金は20万円以上を超えるものは差し抑えられ生命保険、株券なども対象となっています。ほとんどのケースで家も車もなくなり、現金も手元にない状態になりますので、住む場所を確保しないといけません。ほかにも自己破産のデメリットとしては手続き後の生活にも色々な面で影響がありますので、自分だけでなく大切な家族にも迷惑がかかる点を覚えおかないといけませんね。

 

 

生活に及ぶデメリットとリスク

 

自己破産のデメリットとリスクはとても深刻なものです。借金の精算をすることばかりに一生懸命になっていると、ついつい見落としてしまうのがその後の生活に影響するデメリットです。自己破産をするとプラックリストに最大で10年間ほど登録されてしまいます。そのためクレジットカードが作れなくなることや、ローンを組むことができません。また悪質な闇金業者からは融資の宣伝や勧誘が激しくなるなどのリスクもあります。正規にローンを組めない人にとっては闇金のような業者は急な資金調達には好都合ですが、決して借金をするようなことは辞めましょう。また自己破産をすると、自分の連帯保証人にも迷惑がかかり、借金の支払を請求されてしまいます。また破産管財人によって自分の郵便物も管理されますので、プライバシーがなくなることもリスクの一つです。破産者に届いた郵便物の中身を閲覧できる為、財産を隠しておくことは不可能になりますよね。自己破産は決して人ごとではありません。借金問題を抱える人の数は増えていますので、もしもの場合に備えて自己破産のデメリットを理解しておきましょう。