自己破産をしない(逃れる)方法

MENU

自己破産をしないで済む方法とは?

借金の問題解決は決して楽ではありません。債務整理で法的手続きをするのも方法の一つですが、自己破産の場合はできれば逃れたい手続きの一つです。メリットだけではく、デメリットについてもよく理解をしておきましょう。

 

自己破産を逃れる方法

借金をするときは、返済できることを想定していますが、リストラされたり収入が減ってしまうこともありえますよね。
借金の返済が出来なくなると、ヤミ金業者の場合はしつこい取立てなどもありますので、自分だけでなく周囲の人にも迷惑がかかります。債務整理の一つ自己破産は、借金返済が免除される手続きなのですがデメリットも多く、その後の生活には色々な不都合がでてしまいます。クレジットカードが作れないことやブラックリストに5年間以上も登録されるなど、大変厳しい生活が待っています。
そこで自己破産を逃れるためには、なんとか借金を返済するか、もしくは他の手段で債務整理をすることが必要ですね。借金が返せないから自己破産になるとは限りません。またなかにはやみ金業者から借金をして違法な金利で借金苦になる方も大変増えています。それぞれの借金の内容に合わせて一番ベストな方法で解決しないといけません。
そのためには法律の専門家である弁護士に相談をしてみましょう。無料でできるオンラインの相談もありますよ。

 

自己破産を正しく理解しよう

借金が返せないときは自己破産をすればいいと簡単に考えるのは大変危険です。多くのかたが勘違いしているのは、自己破産をすれば残りの借金は返さなくても良いという点です。
しかし自己破産とは借金をゼロ円にする事ではなく、破産宣告をするということです。破産宣告をしても支払いの義務は残っています。免責の手続きをしないと借金をゼロ円にすることはできませんし、必ず免責を受けることができるわけではありません。
また自己破産をすると自分の家や車などの財産を没収されてしまうため、新しい生活を始めないといけません。自己破産はなるべく逃れたい最後の切り札として他の方法も検討してみましょう。
債務手続きは、任意整理や特別調停などの方法もありますので、どの方法が一番自分の借金返済にあっているか、弁護士と必ず相談をしましょう。手続きを依頼すると費用が発生しますが、初回の相談は無料でできます。ネットで弁護士事務所を比較して信頼できる専門家を見つけましょう。

 

自己破産を逃れる方法は沢山ありますので、一人で悩まないで早く相談してくださいね。