住宅ローンはどうなるの?

MENU

自己破産したら住宅ローンは支払わなくていい?

借金は色々な種類がありますが、生活費のなかでも大半をしめる住宅ローンは返済が困難になり借金問題の原因になりやすいですよね。
自己破産をした場合、住宅ローンの返済は続けないといけないのでしょうか。自己破産と住宅ローンの関係についてご説明したいと思います。

 

自己破産したら住宅ローンはどうなるの?

自己破産をすると、自分の財産が差し押さえになります。そのため住宅ローンの返済義務も同時になくなるのですが、ほとんどの場合それまで支払い続けたローン代が無駄になってしまうため、自己破産をしても住宅ローンだけは払いたいという方もかなりいるようです。残念ながら自己破産をすると家も車も差し押さえになりますので、どうしてもマイホームを維持したい方は自己破産以外の方法を検討したほうがよいでしょう。
また自己破産をすると住宅ローンの連帯保証人にも返済請求がされる場合もありますので、あらゆる面での影響を考慮して債務整理の方法を検討しないといけません。自己破産をするとブラックリストに5年から10年間ほどの間登録されてしまいますので、新たなローンを組むことはできません。
自己破産をして数年経過しても金融機関によっては自己破産の情報が社内に記録されている場合もあるため、新たな住宅ローンを組むのは、それぞれの金融機関の判断もよります。

 

住宅ローンをそのまま払う方法

自己破産をした場合、住宅ローンを払い続けるのは不可能です。しかし、親戚や知人により住宅ローンを組んでもらい、自宅を購入してもらった場合は異なります。購入した人に対して、毎月ローン返済額分を払い、物件を持ち主から借りて住むという方法もあります。しかしこのような手続きは破産手続きに影響する場合もありますので、基本的には自己破産をした場合には住宅ローンを支払い続けることは不可能なのです。
しかし自己破産以外にも債務手続き方法がありますので、マイホームを手放したくない場合には任務整理をすることをオススメします。
自分のライフスタイルや借金の内容によって異なりますので、弁護士に相談をしてベストな方法で借金問題をスムーズに解決してもらいましょう。住宅ローンがある場合は特に複雑な判断が必要になります。
簡単に自己破産をするのは危険な為に専門家と相談をして一日も早く借金問題を解決してくださいね。
無料のメール相談や初回の電話無料相談など、プライバシーを守って相談することができますよ。