自己破産とは

MENU

自己破産の選択と利用の仕方

自己破産とは、債務整理という借金にあたる債務を根本的に整理して借金そのもの負担を無くすことができる方法のことを意味します。

 

基本的に、自己破産だけではなく債務整理の全体的な傾向としてこの手段を利用することによって生じる個人の債務者に対するデメリットは殆ど存在しないということを知っておきましょう。

 

自己破産は、債権者が一方的に不利になってしまう手段として有名なくらい債務者にとってメリットが大きい手段です。
どれだけ大きな借金を抱えていてもその手段が一度通れば二度とその借金に関して返済をしなくても良くなりますので、
借金で困っていた日常生活から脱却することが可能になります。

 

もちろん、全ての債務者に対してこの手段が適用されるわけではなく、適用されるために相応の理由が存在する必要がありますのでそれに該当するかどうかをまず検討しなくてはいけません。

 

自己破産の利用方法

 

自己破産ほどの手段を簡単に利用できるとなると、債権者は安心して相手に対してお金を貸すことができなくなってしまいます。そこで、債務整理を利用する際には相応の理由が存在するのかどうかを個別具体的に検討するようにしているのです。具体的には、社会的な活動の中でやむを得ない事情で借金を返済できなくなった時にはほぼ100%自己破産を利用することができるでしょう。
実際に、会社経営が傾いて借金を抱えてしまった人などはこの手段を利用することができるので、その利用範囲は相当広いと考えて間違いありません。