自己破産に掛かる費用

MENU

自己破産で必要な費用について

自己破産をすると、借金はすべてゼロになります。しかし、弁護士費用や裁判所に支払う手数料については、別で支払わなければなりません。
自己破産に掛かる費用は、大きく分けて裁判所費用と弁護士費用の2つに分けられます。
裁判所費用としては、切手代や印紙代で合計1万円から2万円程度です。何社から借金をしているかによって異なります。次に、同時廃止の場合の予納金が1万円から3万円程度です。これらの手数料は裁判所によって異なるようです。

 

知らなかった!自己破産の費用で注意する点

注意すべきなのは、同時廃止とはならず管財事件となった場合の予納金です。管財事件となった場合の予納金は最低50万円程度、小額管財事件を利用した場合には最低20万円程度がかかります。小額管財事件を利用するためには弁護士に依頼をしなければならないので、個人で行うよりも弁護士に依頼をしたほうが費用が節約できるケースもあります。ほとんどの場合に同時廃止となりますが、資産が多い場合や免責不許可に該当する場合などには管財事件となることがあります。
次に、弁護士費用ですが、法律事務所によって異なりますが、同時廃止の場合はだいたい20万円から30万円程度、管財事件の場合には30万円から40万円程度が相場のようです。

 

このように、個人で行うにしても弁護士に依頼するにしても同時廃止になるか管財事件になるかで費用に大きな差が出ます。相談だけなら無料で受けてくれるところも多いので、まずは相談をして、弁護士のアドバイスを受けてみましょう。