家族はどうなる?

MENU

自己破産したら家族はどうなる?借金の責任は?

自己破産をしても家族はどうもなりません。自己破産はその家族全体で行うものではなく、借金を背負った人に対して行われるものであるため、家族全体で借金を背負っていないかぎりは家族に対して何の影響も与えません。

自己破産のイメージは悪い?

自己破産のような債務整理の手段は多くの人から勘違いをされている法的手段の代表的なものであるといえます。
債務整理というのは、債務を抱えている債務者に対して法律的な罰を与えて制裁を加えることではなく、むしろ借金によって普通の生活をおくることができなくなった人に対する救済手段に他ならないという前提をしっかりと理解しておくことが重要です。

 

自己破産の影響の範囲とその理由

自己破産の手続きを行う時には、弁護士に相談をしてその弁護士にどのような手続きをしていくのかをしっかりと確認をとる必要があります。この手段を利用する際には免責事由というものが必要で、債務者側に借金を免責するだけの理由が存在するのかどうかということが非常に重要になるのです。
借金を抱えた原因が本人の責任であったとしても、そうなってしまうことに関してやむを得ない事情が存在する場合には比較的簡単に免責するための要因を認めてもらうことが可能です。
自己破産が家族に対して影響を与えないのは、こうした個別具体的な事由が必要であるからに他なりません。借金を抱えたとしても借りているのは一人の人間であるため、その人間が手続きをする以上はその人間に焦点をあてて手続きをするのは当然だということです。