自己破産相談 車は没収?

MENU

借金で自己破産!車は没収されるのか?

自己破産をした場合には債権者への弁済のために高額財産が没収されることになるわけですが、これは自動車も当然対象として扱われます。
ただ絶対に没収されるのかというとそうでもなく、まずチェックポイントとなるのは「ローンの支払いが終わっているかどうか」です。

自己破産後の車〜ローンが鍵?

ローンの支払いが終わっていない場合、その車の所有権はまだローン融資をしている会社にありますから間違いなく没収はされるでしょう。
ただしローンの支払いが完了している場合、所有権はすでに車を使っている本人に移っています。

 

自己破産で没収されるかどうかのチェック法

そこで次のチェックポイントとなるのが「車の残存価値が20万円を超えるかどうか」です。
自己破産はその制度の中で20万円以上の財産を没収の対象としていますから、申し立て時点で車の価値が20万円以上ある場合には没収対象として扱われます。
一般的には初年度登録から10年が経過すると減価償却の設定上で残存価値0とされるため、初年度登録から10年が経過していれば車は没収されない可能性が高いです。

自己破産で車が没収される・・但し例外あり

総括すると車が没収されるのは「ローンの支払いが完了していない、もしくは完済しているが車の価値が20万円以上ある場合」ということになります。
ただこの条件に合致している場合でも仕事の都合上車を失うことが出来ない、家族に病人がいて通院など止むを得ない事情により車を失うことが出来ないなどの場合には例外として没収の対象外として扱ってもらえることがありますから、こうした点はしっかり確認しておくようにしましょう。