免責事項は?

MENU

自己破産の免責事項について

自己破産における免責事項とは「免責不許可事由に該当していないこと」と考えるのが最もシンプルかつ確実です。
では免責不許可事由とは何かというと、これはざっくりいってしまえば「このことをしてしまったらあなたの借金は免除されませんよ」というルールのようなものです。

財産を隠してはだめ?

これは破産法252条1項1号から11号までに書かれているのですが、例えば1号には「財産の隠匿」が規定されています。
自己破産においては破産を申し立てた人の財産状況を確認した上で返済が不可能になっているかどうか、処分できる財産はないかということが確認されるのですが、ここで意図的に財産を隠匿して自己破産の手続きにおいて有利になろうとすると免責は認められません。

ギャンブルや浪費の規定について

また4号には「ギャンブルや浪費」が規定されており、例えば競馬のために借金を重ねて返済が出来なくなった、ブランド品を買いあさるために借金を重ねて返済が出来なくなったなどの場合には自己責任として免責を認めてもらえなくなってしまいます。
その他としてはクレジットカード現金化のような換金行為、特定の債権者にだけ優先的に返済をする偏頗弁済、借金をする際に偽造された身分証や他人の名義を使って借り入れをした詐欺行為などがあった場合にも免責不許可事由に該当するとされ、免責がされなくなるでしょう。

自己破産の免責事由は破産法だけではない?

ただ現在の自己破産制度では裁量免責、つまり個々人の状況を見て裁判官が免責の可否を決定する制度がありますから絶対に免責が受けられないというわけでもないのですが、少なくとも免責不許可事由に該当すると免責が受けられない可能性が出てきますから注意しましょう。