ローンはどうなる?

MENU

自己破産したらローンは返済しないでいいのか?

自己破産をした場合ローンの支払いはそのすべてが免除されることになります。
消費者金融からのカードローン、銀行からの住宅ローン、奨学金という名の学生向け教育ローン、ありとあらゆるローンに関して返済をする義務がなくなることになるのです。
一応自己破産は国など特定の債権者が請求権を持つもの、例えば公共料金や各種の税金などを免除されない非免責債権として定めていますが、そうした一部の例外を除けばすべての債務の返済義務が消失します。

 

返済しなくていい、だけじゃない〜自己破産のメリットデメリットを知ろう

ただし、これは自己破産の良い点でもあり最大の短所でもあることは知っておかなくてはなりません。
まずそもそもローンというのは大半が車や住宅など高額商品を購入するために利用するものです。
そしてローンの返済がまだ終わっていないということは「その商品の所有権はローン融資をしている債権者側にある」として判断されます。
そのため返済中の住宅ローンがある状態で自己破産をしたということになるとその家は没収されて競売にかけられることになるでしょう。
これは債権者が持つ権利ですから、自己破産をする側の言い分はほとんど聞いてもらえません。

 

自己破産する前に〜保証人がいたら・・

また高額なローンには保証人がつくことが多いというのも重要なポイントです。
保証人がいる状態で自己破産をするとその債務は保証人が弁済していかなくてはならないことになりますから、自分は返済から開放されても保証人になってくれた人が返済に追われることになるわけです。
こうしたデメリットはかならず事前に知っておき、本当に自己破産をする他ないのか、誰かに迷惑はかからないかといったことは冷静に考えるようにしましょう。