結婚は諦めるべきか?

MENU

結婚は諦めるべきか?

自己破産をしたということはその人を取り巻く人間関係に対して悪影響を与えることもあるため、自己破産をしたら結婚は諦めなくてはならないと思い込んでいる人もそれなりにいます。

 

自己破産とその後の生活

ただ自己破産はあくまでも法律によって認められた債務整理手続きですから、自己破産をすることがそのまま今後の生活を制限することにはならないということは知っておく必要があります。
そのため結婚についても相手が理解をしてくれていて、今後の生活を互いに助け合うことができるのであれば問題無く行うことができるでしょう。
むしろ何千万円もの借金を抱えた状態で結婚をする方が問題になりやすい部分はあると言えます。

 

自己破産したあと出来なくなることとは・・

ただ少々ネックになってくるのは、自己破産をした場合はその後最長で10年の間、新たな借金が出来なくなるというところです。
これは消費者金融からのキャッシングはもちろんのことクレジットカードや銀行からの住宅ローン、教育ローンとありとあらゆる借金において難しくなるということですから、例えば結婚してすぐにマイホームを持ちたい、結婚してすぐに子供をつくりたいということになるとその予定を大きく変更しなくてはならないことがありえます。
従って自己破産をしてから結婚を考えるということであれば、その後の人生設計に借金が制限されるという前提を盛り込む必要が出てきます。

 

ただこの点さえクリアできるのであればその他に大きな問題になることはあまりありませんから、その時々に応じて考えていくと良いでしょう。